カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

DJ-欧州株:反発、英セントリカなどM&A関連銘柄が高い

MKW-334貯蓄、投資、年金、税金、公的保険、一般保険、住宅ローンの運用、活用方法をわかりやす...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000011-dwj-brf
ロンドン(ダウ・ジョーンズ)11日の欧州株式相場は反発。先週は大幅に下げていたものの、週明けのこの日は資源・自動車銘柄が買われたほか、英ガス供給・販売大手セントリカなど買収の標的として浮上した銘柄も上昇した。主要指数の終値は、英FTSE100種総合株価指数が62.40ポイント(0.96%)高の6567.50、独DAXは115.60ポイント(1.52%)高の7706.10、仏CAC40種指数は56.80ポイント(0.97%)高の5940.09。

欧州主要企業600社で構成されるダウ・ジョーンズStoxx600指数は3.79ポイント(0.98%)高の388.88となった。先週は投資家が世界の金利水準の先行きに懸念を抱いたことから株も債券も売られ、Stoxx600指数は先週だけで約4%下落していた。

最新株式投資情報は・・・株式投資 人気ブログランキング




資源銘柄は、リオ・ティントが2.4%高、ロンドン証券取引所に上場しているインドの銅・亜鉛生産大手、ベダンタ・リソーシズは2.5%高。5営業日続落していた金相場が上昇に転じたことが背景にある。

JPモルガンとリーマン・ブラザーズのストラテジストはこの日、世界の株式相場についての従来の見方を維持する姿勢を明らかにし、投資家を幾らか安心させた。

JPモルガンのアブヒジット・チャクラボルティ氏は「最もリスクが高いのは経済成長よりも金利水準」と述べ、債券を買うために株を売ることはしないとの姿勢を示した。また同氏は、株価が大幅に割高であるとかインフレ率の高い状態が続いているといった典型的な弱気市場の前兆がみられないため、株式への投資判断は「ニュートラル」を維持するとした...

ニュースの続きを読む


☆ 株価チャートCD-ROM2007年3集夏号



◆株式投資 関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年06月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。