カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

欧州ウナギ規制 業者ら先行き懸念 養殖拠点九州「価格高騰で買い控え」

通常価格3000円のズワイ+「漁師の蜆」1500円=4500を1円から!大きな約700gサイズ 【オホーツ...
 欧州連合(EU)の理事会で11日、ヨーロッパウナギ稚魚の大幅な漁獲量規制が承認された。稚魚は中国で養殖されて日本に大量輸出されている。輸入量の減少で国内の需給バランスが変動すれば、国産ウナギの取引価格にも影響を与えるため、国内の養殖ウナギ収穫量の約5割を占める九州の関係者にも影響が出そうだ。

 「値段が上がれば消費者が買いづらくなる」。うなぎの消費量が増える夏場のシーズンを控えた福岡県柳川市の養鰻(ようまん)業者は、消費を左右する市場価格に気をもむ。中国からの輸入品と国産を両方扱っているイオン九州(福岡市)も「大半が国産だが、来年以降の店頭価格に影響が出る可能性がある」と、市場の動向を注視している。

最新高騰情報は・・・高騰 人気ブログランキング




 農林水産省の「漁業・養殖業生産統計」によると、2006年の養殖ウナギ収穫量は2万733トン。うち、鹿児島は6980トンで全国1位。宮崎は3137トンで3位。熊本、大分、福岡を合わせた九州5県で全国の約51%を占めており、地場産業であるウナギ養殖への影響も大きい。

 宮崎県によると、同県産ウナギは、中国からの輸入が急増した2000‐01年は1キロ当たり900円台まで下落したが、日本が昨年5月に導入した残留農薬規制「ポジティブリスト制度」による輸入減少と国内稚魚の不漁が重なり、昨年は同約2000円に上昇。「価格が上がりすぎると買い控えが起こり、昨年も売れ行きはいまひとつだった。中国産の輸入減少で昨年以上に価格が上がれば、生産者は逆に困る」(漁港漁場整備課)という懸念も広がっている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


ヴォーヌ・ロマネ 1級畑レ・ブリュレ[1984]アンリ・ジャイエ  



◆高騰 関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年06月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。