カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

証券3社 今3月期予測 企業の増益、戦後最長更新へ

CORONA どこでもクーラー CDM-106(G) 【50台限り・送料無料】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000005-fsi-bus_all
 証券大手3グループの2008年3月期の企業業績見通しが11日、出そろった。収益構造の改善効果に加え、世界経済の拡大が寄与し、3グループとも東証1部上場企業の経常利益合計は増益になると予測した。増益は03年3月期以降、6期連続となり、いざなぎ景気と第1次オイルショック後に記録した5期連続を抜き、戦後最長を更新する見込みだ。

 経常利益は前期比2・8~8・4%増。07年3月期の8・2~10・9%増と比べると伸びは鈍化するものの、企業業績の拡大が持続する。

 これまでは、1967年3月期~71年3月期、77年3月期~81年3月期の5年が最高だったが、27年ぶりに最長記録を塗り替える見通し。





 業種別でみると、最も増益に寄与するのが前期に続いて電機・精密。08年の北京五輪の開催を翌年に控え、薄型液晶テレビの世界的な普及が進むことなどから、寄与率は29・3%(野村)となり、前期の28・6%を上回る見込み。

 自動車も前期は大型の設備投資が相次いだほか、原材料費の高騰に見舞われ、増益率が1けたと伸び悩んだが、今期はこうした圧迫要因が解消し、再び2けた増となる見込み。

 リスク要因である米国経済の減速懸念についても、今年後半には回復基調が鮮明になるとみている。さらに、欧州経済や中国をはじめとする新興国の経済成長も持続するほか、為替相場も各企業の予想よりも円安水準で推移しており、輸出企業を中心に、前期決算発表で公表している業績予想の上方修正が相次ぐ可能性が高い...

ニュースの続きを読む


【送料・ラッピング包装無料】大人気クロスシリーズ!!ハート&キューピット0.3ctプラチナ900 ...



◆高騰 関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年06月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。