カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【Kingston編】大規模なメモリモジュール製造施設を公開

根室産 貝ほっき1kg
 メモリモジュールおよびフラッシュメモリ製品のベンダーとして大きく飛躍を続けている米Kingston Technology。今回のCOMPUTEXでは、台湾・新竹市にあるアジア本部の製造拠点へ関係者を招き、今後発売される予定の製品および、製造施設の一部を公開した。

 各社の工場は、見学こそ許されるものの、撮影は禁じられていることが多いため、読者の目に触れることは珍しい。本稿ではそれらの一部を含めて紹介する。

 なお、COMPUTEX会場のKingstonブースのもようは【DDR3編】を参照されたい。

●日本での知名度向上を目指す

 Kingstonは、米国カリフォルニア州に製造工場を持つ本社を構え、欧州に2カ所の物流拠点、アジアには台湾に製造工場を含むアジア本部とウェハ後工程プロセス施設を2カ所、中国とマレーシアに製造工場がある。





 創業は'87年で、2001年のメモリ価格暴落時を除けばプラス成長を続けている。また、2004年には世界規模で成長著しいNANDフラッシュ市場に参入。こちらも売上を年々伸ばしてきた。売上高は2001年には10億8千万ドルだったが、2006年に37億ドルまで伸ばし、5年で3倍以上となっている。

 順調に成長してきてことを如実に示すデータが、メモリチップ(DRAM)の購入量。2006年には5億7,300万個のメモリチップを購入し、世界の購入量の4大メーカーとなっているという。残りの3社は世界でも巨大なPCメーカーのDell、Hewlett-Packard、Lenovo/IBMで、規模の大きさがよく分かる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


根室産 貝ほっき1kg



◆暴落 関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年06月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。