カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

東京株式市場・大引け=米金利上昇受け急反落、下値では下げ渋り

オートストップ高圧洗浄機『HIGH PRESSURE CLEANER 2』
日経平均 日経平均先物9月限 
終値 17779.09 (-274.29)  終値 17790 (-310)
寄り付き 17904.68 寄り付き 17880
高値/安値 17696.51─17904.68 高値/安値 17720─17890
出来高(万株) 344631 出来高(単位) 123226
 [東京 8日 ロイター] 東京株式市場では、日経平均が急反落。米金利上昇を嫌った米国株の下落が引き金になり、一時は300円を超える下げとなった。ただ、先行き米景気の一段の拡大が見込まれるなかでは金利上昇はある程度許容できるとの見方から、25日移動平均線(1万7707円50銭)を意識する形で下値では下げ渋った。




 東証1部の騰落数は、値上がり289銘柄に対し、値下がり1372銘柄、変わらずは71銘柄。
 7日の米国市場では、長期金利が急上昇。5%台の長期金利を嫌った米ダウ工業株30
種は198.94ドル安と、連日の大幅下落となった。これを受けて東京市場でも先物主導で売り先行し、米国株価と連動性の高い輸出関連株だけではなく、新日本製鉄<5401.T>など資源関連株や三菱地所<8802.T>など内需株も含めて幅広く売られた。
 「米国の金利上昇を嫌気している。少し前までは米利下げ期待がくすぶっていたにもかかわらず、このところ続いた強い景気指標で金利感が急速に変化し、利上げ期待まで浮上してきたことを考えるとしかたのないところか」(新光証券エクイティストラテジスト、瀬川剛氏)との声が聞かれた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


最強のテクニカル分析



◆ストップ高 関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年06月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。