カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

<コーヒー>値上げじわり 新興国で消費増

◆エントリーでポイント最大10倍!お買い物マラソン対象商品◆■お買い物マラソン&いきなり!...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070610-00000013-mai-bus_all
 コーヒーの値段がじわじわと上がり始めた。経済発展が続く中国など新興工業国でコーヒーの消費量が急増してコーヒー豆の国際市況が逼迫(ひっぱく)し、円安基調による仕入れ価格の上昇や、原油高の余波も重なったのが要因。コーヒーチェーンなどが相次いで値上げに踏み切り、今後の収穫次第では業界全体に広がる可能性もある。愛飲家には「苦い夏」となりそう。
 UCC上島珈琲(神戸市)は7月1日から、直営店のブレンドコーヒーを一杯420円から450円に30円値上げし、量り売りの豆(100グラムあたり)も30円程度値上げする。



UCCは「原油高による輸送費の高騰など利益を圧迫する要因が重なった」と説明する。
 スターバックスコーヒージャパン(東京)は昨年11月、タリーズコーヒージャパン(同)も今年3月、主力のコーヒー飲料を数十円値上げした。プロントコーポレーション(同)も今月13日から、180円のブレンドコーヒーを20円上げるなど10年ぶりに値上げする。
 コーヒー豆の国際市況は01年末~02年、1ポンド(約450グラム)当たり40セント台の底値圏だったが、現在は3倍の同120セント前後で推移している。さらに、07~08年は不作とみられている。丸紅経済研究所の柴田明夫所長は「不作で今後、約20%の減産が予想され、先高感が高まっている」と指摘している。【清水直樹、田畑悦郎】


◇K18YGルビーネックレス! 9.92g1円よりオークション【甲府の宝石屋さん】



◆高騰 関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年06月12日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。