カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日銀内で円安継続の見方浮上、個人マネー流出の反転リスク小さい

MKW-334貯蓄、投資、年金、税金、公的保険、一般保険、住宅ローンの運用、活用方法をわかりやす...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070607-00000208-reu-bus_all
 [東京 7日 ロイター] 外為市場で円安傾向が目立ってきている中、日銀内ではこうした流れが当面継続する可能性が高いとの見方が浮上している。円安の主因は、個人投資家による外貨建て投資信託や証券投資に伴う外貨買い/円売りにあり、長期投資の傾向が色濃い個人マネーの動きには短期的な巻き戻しリスクは小さいと判断しているためだ。
 同時に低金利環境の長期化に伴う世界経済への影響についても注視していく方針だ。ただ、円安の急進展など差し迫ったリスクが高まっているわけではないため、利上げ時期を左右するほどの要因にならないとみている模様だ。

最新株式投資情報は・・・株式投資 人気ブログランキング



 <長期投資が多い個人投資家、流れを利用するヘッジファンドの把握は難しく>
 「円安の背景に個人資産の外貨運用の増加があるなら、巻き戻しのリスクはさほど大きくないのではないか」――。日銀内では最近の円安傾向についてこうした見方が目立つ。
 4月末の投資信託協会のデータによると、外貨建て投資信託の資産運用額は、前年比47%増の32.3兆円にのぼる。外貨建て投信での運用増加が目立ってきたのは2003年ごろからだが、足元では1カ月に1兆円を超える増加ペースとなり、為替相場への影響も大きくなっている。
 こうした個人の外貨投資は長期的な投資の場合が多く、円に換金せずに継続的に投資するケースがほとんど。このため日銀内では「円安傾向はしばらく続く可能性が高い」と複数の幹部が指摘している...

ニュースの続きを読む


オーディオブック 株式トレーダーへの「ひとこと」ヒント集



◆株式投資 関連ブログ記事
キタ━━━━━━\(゜∀゜)/━━━... - 虎んクス流FX (6月8日2時25分)

更新サボってすいません・・・ - 隣地(三ヶ所)を買いたい!! (6月8日1時54分)

明日売り抜ける銘柄は? - だめリーマン、脱リーマン目指す!! (6月8日1時40分)

パチンコ店 - パチンコ攻略情報 (6月8日1時40分)

女の子の価値観 - 女の子のアンケート回答集 (6月8日1時38分)

株式投資・NECフィールディングの配当... - 劇団ヤルキメデス超外伝 (6月8日1時25分)

ラブホテルファンド - 徒然世の中こんなことあんなこと!ブ... (6月8日1時18分)

通販 新着人気ブログ車のサービスマニ... - これ!いい!通販最高!~通販でいろん... (6月8日1時10分)


スポンサーサイト

2007年06月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。