カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

第1四半期の米成長率は2%弱、景気軟着陸へ=SF地区連銀報告書

●国産2層立体キルト羽毛掛ふとん在庫側地処分超長綿100%片色のみポーランドホワイトグースダ...
 [シカゴ 17日 ロイター] 米サンフランシスコ地区連銀のエコノミストは、第1・四半期の実質経済成長率は2%を下回ったとみられるが、最近の経済指標は米国経済が軟着陸に向かっていることを示しているとの見方を示した。
 同連銀のシニア・バイスプレジデントのジョン・ウィリアムズ氏は、連銀発行のリポートで「国内総生産(GDP)成長率は前四半期に失速しかけたが、住宅・自動車・投資の重しが徐々に軽減したことから今四半期には2%を越える水準に加速するようだ」との見方を示した。
 今年後半から来年にかけての実質GDPは、連銀のトレンド成長率試算をやや下回る年率約2.5%と予想。ただし企業投資の予想外の減速は、資本投資の認識されている採算性がより広範に悪化していることを示している可能性があると指摘した。

最新高騰情報は・・・高騰 人気ブログランキング



 コアインフレは「幾分高い」水準から来年にかけて徐々に低下するとの見方を示した。連銀はコアの個人消費支出(PCE)価格指数が連邦準備理事会(FRB)の「安心圏」の上限とされる2%の水準まで鈍化すると予想している。
 ウィリアムズ氏は、企業によるエネルギー費高騰の転嫁といった特殊要因が、ここ1年のコアインフレ上昇につながった可能性が高く、いずれ緩和するとの見方を示した。
 3月の米失業率が4.4%となり、ここ1年で0.3%ポイント低下したことについては、「GDPの潜在成長率が大方の期待よりもずっと低いか、生産の伸びがGDP値が示すよりもずっと強いこと」を示唆している可能性があると指摘...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


【山陰直送】アンコウと言えば『鍋』を思いつく人が多いのでは? 唐揚げなんかにしちゃっても...



◆高騰 関連ブログ記事
Chassagne Montrachet 2005 (Michel N... - Wine&Thoroughbred club ~夢を追いか... (4月21日8時53分)

【EU】オフィス賃貸コスト、ロンドン... - メタボリック症候群への道 (4月21日8時34分)

食料・飼料 対 バイオ燃料 - 保険仲立人の一言 (4月21日8時16分)

きになってしょ~がない(価格高騰!... - 持続可能な社会を目指して (4月21日6時58分)

シェルの歴史 - maybeeの観察日記 (4月21日6時52分)

テレビドラマ[熟年離婚] - TVドラマ、あれこれ (4月21日4時23分)

【今だけ半額チャンス!?】リラックス... - 激安!セール情報 (4月21日4時15分)

NY好調 - van1997ブログ (4月21日4時15分)


スポンサーサイト

2007年04月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:2

http://blog.livedoor.jp/ofisu/archives/53825924.html
に関連記事としてリンクをはらせてさせて戴きました。

2007年04月21日 レンタルオフィス URL 編集

いつも役に立つ情報ありがとうございます


私は「賃貸情報」と言うサイトを運営しています


もし良ければ一回来てみてくださいね

2007年04月22日 賃貸情報 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。