カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「TBS以外とも協力したい」楽天の三木谷社長第1四半期決算は大幅減益

パソコンソフト ジャングル【税込】デジタル類語辞典 第5版【でんき0404】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070517-00000032-imp-sci
 楽天は17日、2007年度第1四半期(1月~3月)の連結決算を発表した。売上高は484億3,400万円(前年同期比7.2%減)、営業利益は61億6,800万円(同43.4%減)、純利益は21億6,600万円(同41.1%減)で、大幅に減益した。楽天KC、楽天クレジットの債権流動化や楽天証券の収益低下が影響した。

 事業別の売上高では、EC事業が173億1,600万円(前年同期比36.1%増)、ポータル・メディア事業が36億6,400万円(同12.6%増)、トラベル事業が28億8,500万円(前年同期比24.1%増)、プロスポーツ事業が9億6,200万円(前年同期比36.9%増)で順調に推移。

最新デイトレ情報は・・・デイトレ 人気ブログランキング


一方、クレジット・ペイメント事業が180億5,500万円(前年同期比19.9%減)、証券事業が79億2,100万円(前年同期比33.7%減)と伸び悩んだ。

 クレジット・ペイメント事業については、2006年11月に行なったクレジット事業譲渡や引当の厳格化が影響。証券事業については、相場環境の変化や手数料引き下げが影響した。楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼社長は、「楽天KCは短期間で大きな改革を行ない、経営システムの抜本的な入れ替えを行なった。楽天証券はデイトレーダー以外の広範なユーザーに向けたサービスを展開していく」と述べた。

● TBSとは、両社のシナジーを生かしてコンテンツ配信と広告収益を
 決算発表では、TBSの株式追加取得についても説明が行なわれた。楽天は、現在の持株比率19.86%を20%超まで引き上げたい考え...

ニュースの続きを読む


パソコンソフト ジャングル【税込】デジタル類語辞典 第5版+校閲/推敲支援システム Professiona...



◆デイトレ 関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年05月18日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。