カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【萬物相】中国の株式狂騒曲

根室産 貝ほっき約3kg

 「資本主義社会では電話1本で株式を買うことができる。一方中国で株を買おうと思ったら、まず深セン経済特区に入境する許可を取らなくてはならない。その上で平均月収の半分にあたる100元を証券取引所に送金し、3日間電話が来るのを待ち続けなければならない。それにもかかわらず、取引所の取引開始初日には株式を買おうと100万人もの人が殺到する騒ぎとなった。中国の公安当局は警棒と催涙弾を用いてこれを鎮圧した」

 米国の経済誌「フォーチュン」は1992年、深セン証券取引所の開所の状況をこのように伝えた。

 中国に株式投資の制度が導入されたのは1990年のことだ。

最新暴落情報は・・・暴落 人気ブログランキング


最初に上海証券取引所がスタートし、その翌年に深セン証券取引所が営業を開始した。しかし上場企業の数が少ない上に、中国人しか投資できないA株と外国人専用のB株に分けられており、規制も非常に厳しかった。中国政府はいまも株式市場全体の80%を占める国有企業の株式と社会団体が保有する株式については取引そのものを禁止している。

 今年に入り、中国の株式市場で個人投資家の勢いがすさまじい。主婦や大学生、僧侶、公務員にいたるまで毎日数十万人が、家を売り、保険を解約し、カード会社や銀行の融資を受けては株式を購入している。北京のある証券会社の店舗では投資家がストレスによる脳出血で死亡する事件まで起きた。そして昨年のはじめに1100台だった上海総合株式指数はこの1年4カ月で4000を超えた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



根室産 貝ほっき約3kg



◆暴落 関連ブログ記事
為替王アカデミーで為替・FXを学ぶ - 冗談じゃない画像 動画 掲示板 (5月13日11時18分)

G内海、好調5勝目もデキ婚で人気急... - スポーツ新聞 徹底解剖 (5月13日11時10分)

変わってなかったクロノス - 空虚な戯言日記 (5月13日10時59分)

為替王アカデミーで為替・FXを学ぶ - アフィリエイトで稼ぐ!情報で稼ぐ! (5月13日10時56分)

G内海、好調5勝目もデキ婚で人気急... - 野球野郎 (5月13日10時41分)

DAIBOUCHOUのたった4年で200万円を2億... - 投資始める人へ (5月13日9時44分)

円相場、119円87~89銭=11日午後5時... - ネット株、FX、先物のつぼ (5月13日9時23分)

明日からのトレード・・・ - ワンバカの株式投資で「いい生活」 (5月13日9時0分)


スポンサーサイト

2007年05月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。