カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

聖職者だって稼ぎたい!過熱化する中国株投資―陝西省西安市

~NPO法人 日本ファインナンシャル・プランナーズ協会認定AFP・CFP継続教育単位取得講座~パワ...
2007年5月9日、陝西省西安市の証券会社に1人の僧侶が現れ口座を開いた。世俗を離れた僧侶まで引きつける株式投資熱の凄まじさを現地メディアが取り上げたところ、中国の現状を象徴するニュースとして全国メディアまでが取り上げた。

レコードチャイナは、噂の主、臥龍寺の僧侶・釈常興(ズー・チャンシン)を取材した。釈さんは「株のことはよくわからない。友人が身分証を忘れたので、私が代わりに口座を開いただけ」などと弁明した。しかし、インタビューを行った釈の自室には、パソコンとラジオが思わしげに置かれていた。【 その他の写真はこちら



最新株式投資情報は・・・株式投資 人気ブログランキング


ゴールデンウィークを終え再開した中国証券市場だが、相場は高騰を続けている。その原動力と言われているのが、個人投資家。特に今年に入ってからは大学生・主婦などの大量参入が続いており、口座数はすでに1億件に近づいているとも言われる。学費を株に投資した大学生、自宅を抵当に入れてまで株式投資をする一家など株式狂のエピソードには事欠かない。政府系メディアや大手銀行関係者からも株式バブルを不安視するコメントが出ているが、一般市民の株投資熱は過熱する一方。もともと不安定と言われていた中国の証券市場だが、より不安定な相場になるのは避けられないと見られている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070510-00000013-rcdc-cn)


黄金株20



◆株式投資 関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年05月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。