カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】「世界の工場」から「市場」へ、内需株が有望

エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? デラックス版
【特別対談】
今後の香港ドル・人民元相場は中国株投資にどう影響するか? 」 

++++++++++++++++++++++++

<span style="font-weight:bold;">池田: 今井さんは、今後の中国の有望産業をどのようにご覧になられますか?

今井: 現在の中国は、1978年の改革・開放政策以来、「世界の工場」として発展した成長段階から、「世界の市場」と呼ばれる消費拠点としての成長段階にシフトしています。

最新暴落情報は・・・暴落 人気ブログランキング


現在でも、2億人前後の中産階級が誕生していますが、貧困問題の解消などを通じて、中国の国民の消費力は今後ますます高まるはず。その意味で、国内市場向けの耐久財(自動車・家電など)メーカー、小売企業などが有望ではないでしょうか。


池田: 人民元と資本取引の自由化は、元高をさらに進行させるため、輸出を中心とする産業にはデメリットですが、逆にそれを耐え抜けるだけの構造転換を実現した企業は大きく伸びるでしょうね。

今井: もうひとつ注目したいのが、中国とインドの関係緊密化です。インドも90年代から経済開放政策を進めてきましたが、当初は「ルックウエスト」といって、欧米市場向けにIT産業のアウトソーシングビジネスをおもに提供していました...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


カップオブ・ニカラグァ 100g



◆暴落 関連ブログ記事
●なぜ、歴史に学ばないのか(EJ第... - INTEC JAPAN/BLOG (5月7日4時26分)

また神器クエスト逃したっぽいです・... - 御影のゲーム日記 (5月7日3時33分)

なんとなく - J-blueのつぶやき (5月7日2時59分)

058 - Welkiner (5月7日2時4分)

グッドウィルのクリスタル買収の裏に... - 投資を考える (5月7日2時0分)

借金・バイバイキン! - 今日借りれる?即日キャッシングから... (5月7日1時44分)

クロノDEポモナ イベント - コーの日々折々 (5月7日1時37分)

アングリー守り神 - ★麻実の悪巧み★ (5月7日1時27分)


スポンサーサイト

2007年05月07日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。