カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

アジア債券市場 2兆7000億ドルに成長 支援なお必要

★1991年のワイン・オブ・ザ・ヴィンテージ作品★CH.マルゴー [1991]年≪1991年ボルドー・ベ...
 アジア通貨危機の再発を予防する手段として、日本がASEAN(東南アジア諸国連合)などと育成している「アジア債券市場」の規模が、06年末に、通貨危機当時の8倍以上にあたる2兆7000億ドルまで成長した。経済成長が続くアジアの企業収益が、アジア債券市場で再投資されれば、域内の資金調達の安定性を高める効果が期待できる。しかし、資本取引の自由化や金融商品の多様化、投資家層の拡大など、市場機能を高めるための課題は依然、残されており、日本などの協力が今後も不可欠だ。5月4~7日、京都市で開かれるアジア開発銀行総会で、育成支援策が主要議題の一つになりそうだ。
 97年7月にタイ・バーツの暴落から始まったアジア通貨危機は、海外の金融機関や投資家が一気にアジア諸国から短期資金を引き揚げたため、インドネシア、韓国などに飛び火し危機に拍車をかけた。

最新暴落情報は・・・暴落 人気ブログランキング


アジア域内では設備投資に必要な長期資金を十分に確保できず、短期の米ドル資金に過度に依存していたことも、通貨危機の原因となった。
 このため、ASEANプラス3(日中韓)は03年に、アジア債券市場の育成を進めていくことで合意した。信用力の小さいアジアの企業に対し、証券化の仕組みを利用して長期資金を提供▽域内で発生する為替リスクの緩和や回避策の検討▽現地の格付け機関の水準向上--などに取り組んでいる。
 この結果、ASEAN10カ国と中国、韓国を合わせた債券市場の規模は、通貨危機が発生した97年の3300億ドル、02年末の1兆ドルから急速に拡大した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? デラックス版【GNBF-1170】=>22%OFF!エンロン ...



◆暴落 関連ブログ記事
免許の更新 - 週間投資日記 (5月1日13時57分)

グリーンスパンの予告のケリはまだつ... - 某研究所ブログ (5月1日12時58分)

沢井製薬(4555) - 日本株総合研究所 (5月1日12時57分)

『ロシア経済1』 - FXシステムトレーダー (5月1日12時54分)

「琉球カケスvs wallabies164」IPO空... - 史上最強wallabies164の株スクールと... (5月1日12時35分)

新BIS - バフェット フィッシャー リンチ フジ... (5月1日12時4分)

続・ウイルス大決戦 - 暴落相場ドテン買い (5月1日11時31分)

本日の相場・経済オチ - 陳胡痒のWorld view (5月1日10時31分)


スポンサーサイト

2007年05月01日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。