カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

石油元売りの輸出拡大 新日石2倍、コスモ5割 海外ニーズ伸びる

大とろ三昧♪貴重種インドマグロ(ミナミマグロ)大とろたっぷりのブロック 限定1個インドマグ...
 石油元売り大手の新日本石油とコスモ石油は、ジェット燃料や軽油、重油など石油製品の輸出を拡大する。中国や米国など海外市場の需要増大や製品価格の上昇、円安を背景に、輸出の収益性が改善。さらに、国内市場の縮小で精製設備の稼働率が低下しているのを輸出でカバーすることも狙い、2007年度の輸出量を新日石は06年度の2倍、コスモ石油は5割増に引き上げる。また、出光興産は現在のスポット輸出から継続的な輸出への切り替えをにらみ、製油所の港湾整備などに着手する。

 日本からの燃料油の輸出量は05年度に2170万キロリットル、06年度は「中国などアジアの需要が伸びている」(安達博治・新日石製造技術本部技術部長)ため、2325万キロリットルに拡大。国内の燃料油生産に占める輸出の割合は1割強に達している。

 新日石は、中国向けのジェット燃料や船舶用重油、インド向け軽油を中心に、07年度は燃料油の輸出量を約232万キロリットルに倍増する。これとは別に中国石油最大手、中国石油天然気集団からの受託生産も増え、石油製品の海外向けは約5割増の約522万キロリットルになる見通しだ。

最新高騰情報は・・・高騰 人気ブログランキング




 同社グループの精製分の8割強が国内向けだが、ガソリン需要低迷などで国内比率が低下傾向にあることから、輸出拡大で製油所の稼働率アップを図る。

 輸出拡大に向け、すでに国内6カ所の製油所で11億円を投じてポンプなど輸出関連施設を大型化した。さらに来年1月までに数億円を追加投資し、麻里布(まりぶ)製油所(山口県和木町)を中心に生産能力を1割強増やす。

 一方、コスモの06年度の輸出実績100万キロリットル。07年度は「最低でも1・5倍。できれば倍増したい」(日下部功・海外事業2部長)考え。とくに伸びが見込まれるが、米カリフォルニア州大気資源局(CARB)の環境規格をクリアした「カーブ軽油」。今年4月から輸出、米西海岸地区で販売を開始し、「大変好意的に受け止められている」(同)とし、当面の販売目標である年50万キロリットルは達成できる見込みだ。 

 また、原油価格の高騰や環境問題を背景に、電力会社や工場で燃料を重油から天然ガスなどに転換する動きが広がっているのに対応。重油を軽油などに転換する設備を約1000億円を投じて堺製油所(大阪府堺市)に導入、10年度から稼働させる。軽油を中心とした石油製品の輸出量も10~11年度には06年度の4倍の400万キロリットルに大幅拡大する計画だ。
(引用 yahooニュース)


期間限定1万円均一!【送料無料・税込・アウトレット】和室も敷くだけで憧れのフローリングに♪...






◆高騰 関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年06月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。